高学年 勉強 やる気 アップ 

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

本当にブログで書きたいのは本音 ブログ書いていて良かった!

こんにちは。小島です^ ^

 

ブログあるあるで、ブログを書いていて

良かった事という記事がいくつか書かれていて

読んでいる内に今日の記事を書きたくなりました。↓

http://blog.hatenablog.com/entry/2017/06/08/193000

私が本当に人に読まれたい記事は、

〈本音〉を精一杯書いたような記事です。

 

 

だって、社会に適応するためには

本音と建て前の使い分けが必要で、

心の中で思っている事を暴露してはいけない

局面ばかりなわけです。

 

耳触りの良い、目にも美味しそうだったり、

雰囲気が楽しそうな記事が、

とりわけ読まれたりします。

そんな記事も読んで欲しいけど、

リアルな実社会で、中々人に

打ち明けられない事を書く際特に、

このように実社会の友達に対して

面と向かって伝えられない事が

書かれた記事に、共感してくれる人がいたら

良いなと期待して書いてしまいます。

 

それはつまり、

自分の心の中で思っている

ダークな事柄、陽ではなく陰の部分の事柄です。そしてそんな記事を書いてみた時は、

その記事の反応がとても気になります。

 

私が常々思う事ですが、

どんなに明るくて人気者で、

人から悩みが無さそうって

思われている人でも、

ちゃんと、人知れない悩みがあるんです。

 

www.uebouebo.net

 

例えば、大学時代、誰にでも優しくて

いつも朗らかで天使のようなお友達だと

思っていたYちゃんは、家に泊まりに

行って話し込んで初めて、

Yちゃんにも、こう思う事があるんだ!

という陰の部分を聞く事が出来ました。

皆思うところがあるけれど抑えているんです。

本音は、実社会ではとても信頼できる

相手にのみ伝えても大丈夫と思われています。

 

こういう事は、私の人生で何度かあって、

それまでは、聖人君子みたいに

思っていた相手が、心を許してくれると

陰の部分を聞かせてくれる時があります。

 

中々リアルな世界では

陰の部分を人には表せないですよね。

 

それと相通じるところがあるのですが、

実際顔出しをしている人はともかく、

匿名でブログを書いている

私みたいな人にとっては

ブログとは、実社会では表せない

本音を書ける貴重な場所でもあるのです。

 

ですから、時折自分が心の中に

抱えている事を赤裸々に書きたいと

思って書いた事もあります。

 

けれど、それは実社会では

よほど仲の良い、信頼する間柄でのみ

交わされるような話か、もしくは

その間柄ですら、打ち明けられないような事。

近しい間柄では角が立つような事。

 

だからこそ、ブログに書こうと思うわけです。でも、内容が重いと、ひかれてるのかなぁ?

反応が、他の記事より一際(ひときわ)なかったりするのです。

 

でもそんな中

そういう陰の記事に対してコメントを

寄せてくれる方がいるんです。

そして共感してくれているのが分かる時、

とてもとても嬉しい!!

密やかに共感してくれる人もいたら嬉しいですが、多分、そういう記事にコメントを寄せる事

共感を覚えてくれている事を表すのは

実は非常に勇気がいる事だと思うのです。

だからこそ、心の底から感謝しています!

ありがとうございます。

 

そして、ブログを書いていて良かったと

思うのでした。

 

これは、お礼の記事ですね^ ^