高学年 勉強 やる気 アップ 

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

キッズモデル・子役 続けるか辞めるか

こんにちは。小島です^ ^

キッズモデルの娘がいるはとこが、

現在娘にキッズモデルを辞めさせようか

悩んでいるようです。

 

辞めさせたくなる理由について

はとことその知人の話をまとめました。

 

◆キッズモデルを続けさせる努力

をするのが難しくなった◆

努力をしてもなお、この活動が楽しかったそうですが、段々下記の努力をさせる事に抵抗が出てきたそうです。

 

・突然来る案件に対応させるため、

中々他の予定が組みづらい。

 

・時間が中々読めないオーディション。

受からないと交通費がかさみ、

オーディション貧乏とも言われる。

 

・仮歯作成には遠方まで行かなければならない。

 

・日焼けが出来ない。毎日の日焼け止めが必須。(屋外で遊ばせる、スポーツさせる時にストレス。日焼け止め代が異常にかかる。

そして、焼けてるとオーディションでも指摘される。)

 

◆入ってみて狭き門だと分かるキッズモデル・子役の世界◆

最初は自分の子が普通以上に可愛いと言われ、

親としては嬉しくて、いけるかも?とキッズモデルや子役を始める方も多いようです。

 

簡単にCMに出れるかも?

簡単にドラマに出られるかも?

 

最初は、案件をもらう所からスタートです。

モデル事務所や子役事務所も商売です。

この子なら、書類(写真)が通って

オーディションも通るかもしれないという子を

きちんと選んでの書類出しです。

書類出しが出来る枠は決まっています。

だからそうみなされない限り、書類出しはされません。オーディションに受かって仕事をする事でギャラが発生します。通常事務所がギャラの何割かをもらえる事になります。

もしかしたら、そこはマネージャーの歩合制も取られているかもしれません。

書類出しの割り振りも、事務所マネージャーの

手腕の見せ所です。ですから、事務所内で認められれば、バンバン案件をもらう事が出来ますが、認められなければ案件を全くもらえない子も出て来ます。

 

さて、案件をもらえる子で書類が通れば

オーディションに進む事が出来ます。

近所では明らかに他の子より褒められる事が多い我が子供(と、思う親御さんは多いようです。)ところがどっこい、この世界はさすがです。みんな、同じように褒められて入って来た子ばかり。色々な意味できらめく子供がたくさんいます。クラス1可愛いと言われるなんて、当たり前。学校一、いや町一番、くらいの可愛い子もたくさんいるわけです。しかも人懐っこさは普通の世界以上。頭も利発。ものおじしない。そんな子がたくさんいるのです。

 

何にしても、写真が重要です。

写真だけで決まるお仕事もあるにはありますが、その写真だけでも何百人からの数人しか決まりません。これって運だと思いませんか?

はとこは、イメージや好みに合えば決まると言っていますが‥。

 

オーディションも、全員見ていると

キリがないので大体1~2割しか呼ばれないそうです。呼ばれたいオーディションに

そうやって呼ばれた子供が50~100人いる中で

決まるのは1人、或いは数人という世界。

 

案件が少なくなったり‥オーディションに行っても落ち続けたり‥。普通はそれが、当たり前なのですが、親子ともに疲れてきます。

ある事務所では、100回連続で落ちるのが当たり前と思って下さいと言われているそうです。

 

◆撮影はとても楽しいが中毒になる◆

上記のような狭き門をくぐり抜けてやっとゲットしたお仕事。喜びもひとしおです。

皆仕事が決まるとガッツポーズです!

 

撮影は、とても楽しいそうです。

親も本人もテンションが上がります。

有名人に会えたり、手厚い待遇を受けたり。

その上可愛く撮ってもらえたお仕事は、

子供時代の良い思い出になります。

 

運や縁も関係して来るので、

決まった時には、ギャンブルで勝った時のような高揚感があるそうです。

ドーパミンが出るそうです!

 

どんなにオーディションでうまく出来ても受からない時は受からないし、逆にあまりうまく出来なくても受かったり。正解のない世界です。

だからこそ難しいのです。

 

合格を勝ち取るのは難しいけれど、

やはり何回か撮影をしていくと、

受かった時の嬉しさと

撮影の楽しさを忘れる事が出来ません。

苦労はありますが、その苦労をしてもなお、

楽しさが勝つのです。

 

◆こうなったらやめ時?◆

1.歯が抜け始める。

(顔立ちが整わない。仮歯作成で遠方まで行くのが面倒)

2.案件が来なくなる。

(心待ちにしている案件が来なくなると、

精神的に親が落ち込む事も。事務所に必要と、されていないのかも?)

3.学校の成績が心配になってくる。

4.習い事の方が重要性が高いと思えるようになった。

6.125cmを超えて案件が激減した。

(120cmまでが黄金期と言われ案件が多い。)

 

 

 


 

 

 

◆まとめ◆

キッズモデルや、子役をするには

普通にみなさんが考えるより

かなりの努力が必要です。

 

はとこから聞いて以来、

ついついCMやドラマの子供たちを

よーく見るようになってしまいました。

 

そしてかなりの努力が必要ですが、

その反面、書類が通り、その上オーディションに

受かった時の嬉しさは、

そうそう感じられないような嬉しさで、

それに見合って、撮影もとても楽しいようです。

 

本人、そして親御さんの考えが一緒で、

努力をしてもなお、この世界にいたいかを

考え、メリット・デメリットを考えた上で引き際を考える事も必要かもしれません。