高学年 勉強 やる気 アップ 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

カエルの楽園 百田尚樹 感想 ネタバレなし レビュー 政治にうとい私を考えさせてくれました!

 


こんにちは。小島です。
百田尚樹さんのカエルの楽園を読みました。
永遠の0 がメッセージ性が強い本だったので、
こちらはどうなのだろうと。

 

そして読んで分かった事。
これは風刺小説ですね!
完全にある事柄をオトギ話に置き換えています。

 

この本は、カエルの物語なんです。

 

あるカエルが、他のカエルに侵略されそうになった
自分の国を捨てて、新たなる安住の地を探し求める話。
そしてたどり着いた、"カエルの楽園"のような国。
そこはなぜ、こんなに平和なのか、
三戒って?謝りの歌って??

 

読み進めて行く内に、すべてが何かを表した文章なんだろうと
思って来ます。だから想像しつつ読みます。

 

f:id:uebouebo:20170309111941j:plain

政治的にうとい私でも、何が何を表しているのかが
分かる内容、つまり、私のように政治的に無知な人に対して、
丁寧に丁寧に分かりやすく、
おどろおどろしいオトギ話のようにしつつ
百田尚樹さんの持つ政治観を表しています。

 

f:id:uebouebo:20170309112206p:plain

子供でも、読んだら分かるような雰囲気で、
カエルの楽園の民である"ツチガエル"は
こんな判断をしていて大丈夫なのか??という所を
浮き彫りにしていきます。

読者はどんどんその想いを強くします。

 

そして最終的な結末・・・・・!
あぁ、なるほど。 やっぱり・・・・?!

広告

   

読んでから、何が何を表した本だったのかを
知りたくて調べてみました。
知りたい方こちらのリンクにばっちり書かれていました。

たぶん合っているのでは??

↓↓↓

3月6日の一昨日、北朝鮮の弾道ミサイルが4発発射され、
その内三発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとの事。
日本の沿岸22km~370kmまでの間です。

 

初めて北朝鮮は、標的が在日米軍だという事を明らかにしたそうです。
あのような危険な国が、とても近い位置にある事。
今政府が対応策を取ってくれていますが、心配ですね。

 

こんな大きな事柄が特に目立って報道はなされていない現状。
カエルの楽園のような結末にならない事を祈るばかりです。