高学年 勉強 やる気 アップ 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

おにたのぼうし 絵本レビュー 文・あまんきみこ 絵・いわさきちひろ

f:id:uebouebo:20161019081906j:plain

こんにちは。小島です^^
2年生の息子のクラスの読み聞かせのために
何冊か本を借りて来たのですが、
息子の(学校で読む)選には漏れた作品。

 

でも私には、道徳的でとても良い作品だと思ったので、
ご紹介させてもらいます。

 

おにたのぼうし ぶん・あまんきみこ 絵・いわさきちひろ

 

初版発行 は1969年です。

装丁が新しかったので、
こんな昔に発行された物だとは
思いませんでした。

優しい文章といわさきちひろさんの
感情に訴えかけるような
ノスタルジックな絵が
絶妙にマッチしています。

広告

   

◆あらすじ◆

この本、節分のあたりの物語で
心優しい鬼のおにたが出てきます。

 

おにたは優しいので、
鬼だけれど率先して
子供が喜ぶ事をしてあげるのですが
世の中の人は
”鬼”=害で悪い物
と思いこんでいます。

 

だから、おにたは
その事にいつも傷ついています。

 

おにたに優しくされた女の子は
おにたが鬼だとは知らず
節分の「鬼は外~」をしようとするのです。

 

その事におにたは深く傷つきます↓帽子で角を隠したおにた

f:id:uebouebo:20161019083009j:plain


女の子は最後まで
おにたが鬼とは気づくことなく、
神様だと思って
心の中で感謝するのでした。

 

◆感想◆

世の中、偏見を持たれたり
属する世界でひとくくりにされたり、
そんな時は理不尽で
とても悲しく思う場合がありますよね。


皆それなりに経験する事柄だと思います。

 

おにたはそれを表した存在だと思いました。

 

世の中の人が偏見等で
ひとくくりに個々人を見るような世界では
なくなる時が来ますように。

 

私も、そのようにする事がないよう
気を付けて行きたいと思います。