高学年 勉強 やる気 アップ 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

宇多田ヒカル 花束を君に 真夏の通り雨 家族を想う皆に聞いて欲しい・・・ 私の解釈

f:id:uebouebo:20161007100045j:plain 

こんにちは。小島です。

朝から心にぐっと来る旋律がテレビから聞こえてきました。

ZIPで、宇多田ヒカルさんの新作アルバムFantômeの中の曲が
紹介されていたのです。

 

”真夏の通り雨”

”花束を君に”

の2曲がフォーカスされていました。

この曲は宇多田ヒカルさんのお母さんである
藤圭子さんが3年前に亡くなり、
それをテーマとして書かれたそうです。

 

いつもは英語を交えた歌詞を書くのを
得意とする宇多田さんですが
このテーマで英語の歌詞を交えると
逃げているような気がすると。
そこで逃げずにすべての歌詞を
日本語で書き上げたそうです。

 

番組内で流れた曲に
あまりにも心動かされてしまい、
歌詞を調べてみました。


宇多田ヒカル「真夏の通り雨」(Short Version)

 ****************************************************

すべての歌詞が素敵なのですが、
その中から抜粋します。

【真夏の通り雨】

”揺れる若葉に手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
いつになったら悲しくなくなる
教えてほしい”

 

”今日私は一人じゃないし
それなりに幸せで
これでいいんだと言い聞かせてるけど”

 

”忘れちゃったら私じゃなくなる
教えて 正しいサヨナラの仕方を”

 

”誰かに手を伸ばし
あなたに思い馳せる時
今あなたに聞きたいことがいっぱい
溢れて 溢れて”

 

”思い出たちがふいに私を
乱暴に掴んで離さない
愛してます 尚も深く”

 

”夢の途中で目を覚まし
瞼閉じても戻れない
さっきまであなたがいた未来
たずねて 明日へ”

******************************************************

自分の両親に対する思いも
胸に湧き上がって来ます。

きっといなくなったらどんなにか
深い深い喪失感が出るのか。

今は元気な二人ですが
会えなくなる時が来るんですよね。

そしてもちろんそれ以降忘れ得ない。

その前に
月並みですが出来る限り、
後悔しないように親孝行をしようと思いました。

また、この歌詞のように
自分が息子達に必要とされる存在で
あり続けられたらと希望します。

 

広告

 


宇多田ヒカル「花束を君に」360度メイキング

******************************************************************

こちらの歌詞も何とも素晴らしいのですが、
特にぐっと来たフレーズを抜粋します。

【花束を君に】

"毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く
ただ楽しいことばかりだったら
愛なんて知らずに済んだのにな"

 

"花束を君に贈ろう
言いたいこと 言いたいこと
きっと山ほどあるけど
神様しか知らないまま
今日は贈ろう 涙色の花束を君に"

 

"世界中が雨の日も
君の笑顔が僕の太陽だったよ
今は伝わらなくても
真実には変わりないさ
抱きしめてよ、たった一度 さよならの前に"

 

"花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんなに言葉並べても
君を讃えるには足りないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に"

******************************************************

>"毎日の人知れぬ苦労や淋しみも無く
ただ楽しいことばかりだったら
愛なんて知らずに済んだのにな"

辛い事や悲しい事がある程、
両親の愛に気づく気がします。
そんな時ほど、
無償の愛が染み入るのです。
つくづくそう感じます。
ありがたいです。

>"世界中が雨の日も
君の笑顔が僕の太陽だったよ

この歌詞は私自身を思いました。
どんな時も、子供たちの味方でありたいと。
そして出来るだけ笑顔を向けてあげようと
心に刻みます。

 

>今は伝わらなくても
真実には変わりないさ
抱きしめてよ、たった一度 さよならの前に"
 

それから、この歌詞では本当に伝えたかった事を
伝えきれなかった後悔を感じます。
ただ、それをお母さんに伝えられなかったとしても
心の中にその気持ちがあるのは、
まぎれもない真実だから・・・と歌っている気がします。

 

私への愛をくれた両親と、
これからずっと愛を与え続けたい
子供を想って聞いて行きたい歌です。

 

www.uebouebo.net