高学年 勉強 やる気 アップ 

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

受験のシンデレラ 良かった(TT)! 和田秀樹のドラマを見終えてみて。 ネタバレは肝心な所はないです!

f:id:uebouebo:20160905125714j:plain

こんにちは。小島です^^
再放送で見ていたNHKBSのドラマ”受験のシンデレラ”を見終えました。

サトシに勉強のやる気を出させる為に
見始めたドラマです。↓ 

和田秀樹さんの原作ですから、
もちろん勉強に役立つ部分も
ちょいちょい入って来て、
そういう場面では、
「サトシ、そうそう、そういう事だよ~。」
なんて言いながら見ていました。

(良かったら過去記事参照下さい。)

 

でも、それだけではなくて、
内容もとても見応えがありました!
うちでは家族4人全員(小2・小6含め)で見ていました。

主人公は元塾講師・五十嵐(小泉孝太郎)と
夜間高校の女生徒・真紀(川口春奈)と
女手一人で育てる母・千枝子(富田靖子)
元塾講師の元妻・塔子(山口紗弥加)を始め
他脇役の方々も皆はまり役で
素晴らしかったです。

 

広告

 

思ったのは、登場人物の方たちが皆
不器用なんですよね。
で、不器用だからこそ、もがいて
上手くいかなかったり、失敗したり
お互い葛藤して、反発しあって…。
でも皆頑張っていて・・・。
頑張っていこうという気持ちが見て取れて!

そこが良いです!頑張ろうと思えます!


そして最終的には、
不器用な人達だけれども、
心を通わせ合って…。
何とも心があったかくなります。


五十嵐と塔子も、何かがかけ違って
別れてしまったけれど、
そうではなく、お互いもう少し何かがあれば
上手くやっていけたのでは?
と思えたり…。


真紀と千枝子の親子の描かれ方も
とてもぐっと来ました。
富田靖子が、娘を愛しているのに
中々上手な愛情表現が出来ないところ。
そして段々と上手くお互いの距離を取って行く所。
母の愛が私を泣かせてくれました。

 

そして五十嵐と真紀の師弟愛。
これが物語の肝なのですが、
2人の演技力が素晴らしいからか。
最後は本当にもう・・・良かったです。

ずっと心に残るラストシーンです。

 

終わってしまって寂しい・・・。。。。。(( T_T)

 

あまりNHKBSでドラマは
見た事がありませんでしたが、
これからはチェックしようと思います。

↓もしご覧になりたい方は今ならキャンペーン中です!
U-NEXT