高学年 勉強 やる気 アップ 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

サトシ 宿題をカンニング・・・!

f:id:uebouebo:20160804181349j:plain

今朝は塾の宿題をしていました。
夏期講座は週1で算数のみ受けています。
他は後期に記述・作文講習。
前回教わったのは、割合と速さ。
割合ですが、確か5年の時に一度習いましたが、
中々難しいですよね。国語の問題のような気がします。
私も、小さい頃好きでは無かったなと思いつつ・・
どうやらサトシも苦手。

宿題のうちの割合の分だけ解いていました。

私「洗濯干してくるから、きちんと解いといて!」
と言って2階へ

20分後
帰って来て教材を見ると
明らかに不自然に10問くらい
式を書かずに答えだけが書いてある!

「ちょっと!答えここ見たでしょ?
暗算ではさすがに出来ないよね?」

さとし「・・・・・!」否定せず。

「あのさぁ、カンニングして自分のためになる?
出来るようになると思う?意味・・無いよね?」

サトシ「・・・・・。」うなずく。

まだまだ、勉強が自分のためという意識が無いんですね。

で、やり直す時も中々私の話を聞いてくれない。
図を書いた方が分るよと言っても聞いてるのか?
見てくれてるのか?

で、聞いてたらこうは間違えない間違い方をする。

つまり、聞いてない!

それに対しては私も怒る!
「聞いてないってどういう事!!!」

サトシ「俺、聞いてたよ!」多少弱気
「間違い方で、分るんだけど!」

そこからはマンツーマンで
つきっきり、じっくり私とサトシで
問題に向き合いました。

「あのね、算数は同じような問題を多く解く事で、
この問題はこのパターンだって思い出せるの。
算数も暗記だよ。絶対やればやるだけ覚えられるから。
割合は苦手なんだから、問題解きまくろうね。
段々感覚で分かるようになってくるよ。」

そして終わった後に、
「叱りながら教える私も、エネルギー
使ってるの分るよね?」
サトシ「あぁ。」
「サトシが出来るようになってほしい気持ちが
すごくあるのは分かる?」
サトシ素直に「うん。」

おぉ、素直!
この姿勢!
前とは違う気がする!

「サトシはやれば出来るよね。今年の夏は
レベルアップの夏にしようね。分かった?」
サトシ「分ってる。」

何だか返答が素直。私がうるさいから
取りあえず言ってる感じでもなく、
母の一生懸命を分かってくれている気が。

カンニングをしたサトシにガッカリしたものの、
その後のやりとりで、成長を感じました。

f:id:uebouebo:20160713110823j:plain