高学年 勉強 やる気 アップ 

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

まさかの中高一貫校対策授業を受ける事に!(四谷大塚の統一模試後)

f:id:uebouebo:20160711164752p:plain

少し前の話になりますが、6月に入ってすぐ、
サトシは四谷大塚の模試を受けました。

友達がH塾で模試を受けると言っていたので、
そこで受ける事にしました。
サトシは受験後、「難しかった~!!」と帰って来ました。
H塾では保護者説明会が同時に開催され、
資料を色々と受け取って帰りました。
その資料が、子供の計算を早くする方法(暗記すべき式と解がたくさん)
文章の読解のキーワードのみつけ方等
とても実用的で好感が持てました。

後日、答案の返却と成績表を受け取り、同時に直しを受けました。

偏差値・・・ボロボロです(汗)
いやぁ書いてて恥ずかしい・・・
算数53、後は、国語38、理科39、社会にいたっては32(ビリ寸前・・・)
そうか、前に入れなかったT塾の先生は、こういう模試での偏差値を
期待してたんだなぁ~↓ 

で、親としては笑っちゃう感じでした。

でも親は、こんな偏差値でも、サッカーに関しての
すごい暗記力を勉強に持って来れば
理科と社会は何とかなるなんて思うわけです。
要はやる気!頑張れ!と子供を信じます。後3年あるよ!

 ↓こういう気持ちです!

そしてH塾の先生方には、営業トークかもしれませんが
今からでも中3が照準なら大丈夫ですよと。

サトシの算数は、国語が出来てないからの間違いばかりで、
読解力と説明力を身につければ良いらしいです。
親としては算数と国語の授業を受けて欲しい。
でも、H塾の算数と国語の日は、一番仲の良い友達と遊べる唯一の日。
そこは塾を入れたくないとサトシ。

すると、今まで知らなかったのですが、
中高一貫校の問題は、国語も算数も理科も社会も
記述で説明する物だから、サトシには中高一貫校対策授業を
受けるのが良いのではと勧められました。

私は国語だけがそういう問題なのだと思っていたけれど、
すべての教科なのですね。

H塾はベテランの先生ばかりなのと、母体の少なさの割に進学率が高く
好感を持ち、出来れば入らせたい!と思いました。

 サトシを説得し、H塾の中高一貫校対策授業を受ける事になりました。
大丈夫かな?サトシ。

 ちなみに、その塾は私立中学受験の子が多く、
中高一貫校対策授業にはサトシ含め4人しかいないらしいです。
その人数では萎縮(いしゅく)せずできるかもしれません。

さてどうなるか??