高学年 勉強 やる気 アップ 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適当男子サトシを6年から矯正!プラス日々思う事

今まで適当にやっていた高学年男子 小学校6年からの高校受験への道!そして日々思う事&感じた事を綴ります。

スポンサーリンク

俺だって出木杉くんを目指せる!勉強はやればできる!という気持ちを持たせる。

 

f:id:uebouebo:20160711084032p:plain

 

サトシは勉強が好きではないので、

やはり勉強が出来る子を尊敬しています。

 

学年でも、頭が良いという評判の子たちがいますよね。
中でも、Kくんというお友達がいます。
1年生の頃から、現在6年生までずっと
学年一優秀な生徒として有名。
多分95点以下を取った事がないくらいの。
もし90点だった時には、「Kが90点だったんだよ!」
って皆の間でニュースになるような。

ちなみにKくん、運動も出来ます!
サッカーもかなりの上手さです。
バランス取れてます。

そうです!完璧な男の子なんです。

そしてサトシは、そんなKくんの事を、
元々の地頭が良いから出来るのだろうと
思っているようです。何かハナからKくんと
同じレベルになろう!と思っていなかった時がありました。
憧れの存在という感じでした。

 

 

 

 

 

上記2記事のように、

サトシが残念ながら入る事が出来なかったT進学塾。

KくんはT進学塾に入っています。
T進学塾の先生に面談時、「Kくんは優秀ですよね。」
とお話してみたら、

「あの子はよく出来ますし

本当に頑張り屋さんです。」


と言っていました。
この塾の先生が認める程の努力家だということです。

 

優秀な上に努力する。
努力するから優秀。

 

両方が真だと思います。
そしてまたKくんの株が、私の中で上がりました!
目指せ!K くん!

この本にこう書いてあります。
*************************************************************

“勉強は素質ではなく、やり方次第”

「自分は頭が悪いから勉強ができないのではなく、
これまで努力をして来なかったからできないだけだ
「勉強のやり方が悪いから勉強が出来なかった
だけなんだ。」と思うようになって勉強のやり方を
変える。そうしてやってみたら成績が上がった
という例がいくらでもあるのです。

家庭教育で一番重要な事は子どもに自分のことを
「頭が悪い」と思わせないということです。
とくに子どものころは「自分はできる」
「自分は頭がよい」という気持ちが、
ものすごく大きな自信になりますから、
まず最初に「自分はできる」と思わせて
自信をつけさせることが肝心です。

出典:勉強できる子のママがしていること
PHP文庫 著者/和田秀樹

****************************************************************

私は5年生後半からサトシに、
Kくんとはやる気になれば同じ土俵に立てる
っていう事を言い続けています。

ちなみに算数のクラス分けだけは、同じクラスに
なる事が出来ました‼ 

 

 

好きな事、例えばJリーグや海外サッカーの
選手名、今期のクラブチームの勝率だったり、
過去の勝敗、どの選手が以前どこから移籍して等
そういう事の記憶力は抜群なサトシ。

そういう事に照らし合わせて、
ここまで記憶力が良いという事は、
やる気になれば、勉強の成績が各段に上がるよ!!

と言っています。
他にも、これは!と思う時に、ほめちぎっています。

「天才じゃない?」
「そんな事が出来るの?」
「私が子供だった時より、ここは確実に出来てるよ。」

ほめ過ぎる程ほめて良いと思います。

多分、どのお子さんでも“これは!!”っていう
得意分野があって、そこは負けない!
みたいな事がありませんか?

そこは”ほめどころ”です!!

一緒に得意な事を褒めつつ
勉強までも努力させ、出来るようにさせる
モチベーション・やる気をアップして行きましょう!!

頑張れば出木杉くんみたいになれるよ!
と信じていますし、願っています!